無知なあなたのために説明する

銀行印イメージ

銀行印とは、通帳をつくる際に登録しなければならない印鑑のことで、お金の出納に関わる重要な印鑑です。
印鑑の違いがよくわからない、印鑑は一つ持っていればいいと思っている無知なあなたのために説明すると、認め印は郵便の受領印などあらゆる場面で簡単に使える手軽な印鑑のこと、実印は役所に登録しなければならない公的な印鑑のことです。

そんな銀行印、めんどくさいし、どちらも公的なものなら実印と一緒にしてしまえばいいんじゃないかと思ったあなた。
そういう安易な発想は禁物です。
仮に実印と銀行印を同一化している人が印鑑をなくしてしまったらどうなるか。
役所だけでなく、銀行にも印鑑の変更願いを提出しなければならず、非常にめんどくさいことになります。
印鑑を誰かに盗まれた場合にも、受ける損害はずっと大きくなってしまいます。
ですから、印鑑は、きちんと実印、認め印、銀行印と用途別に分けておいたほうが得策なのです。

では、そんな銀行印にはどんなものが好まれるでしょうか。
私は、銀行印はフォーマルなものが良いと思います。
銀行印を使う場面は主に銀行に限られるので、あまり個性的なものをもっていても使う機会自体が少ないからです。

また、銀行印は押した印で、それが登録されている印鑑かどうか判断するので、わずかな違いも命取りになります。
押しやすく分かりやすい印鑑を選んだほうが良いでしょう。
銀行でモタモタすると、ほかの人をイライラさせる原因になります。

ページの先頭へ